朝起きたら私の声が変!一体どうなってしまったの?

毎日生活していれば、何かしら体の悪いところと言うのは出てきます。
「ああ、今日も一日私の体ががんばったのだな」と思うようなときもあれば「これは少しまずいのではないか」と思うときまで様々です。

翌朝急に声が枯れてしまった!

よく「朝起きたら一体どこの誰なのかわからない声になってしまった」と悩む方がいらっしゃいます。
前日まではずいぶん綺麗な声だったにもかかわらず、起きてから第一声で「おはよう」と声に出したらまるで怪獣のような声になってしまうというのは少しばかりびっくりします。
「私は何か大きな病気になってしまったのではなかろうか」と考えるのも無理ありません。

前日の生活を振り返ってみよう

しかし、本当にあなたは大きな病気になってしまったのでしょうか。
もう一度あなたが前日、どのような生活を送ったのかよくよく思い出してみてください。
大声でカラオケを楽しんだとか、お酒をたくさん飲んだという記憶はありませんか?
「そういえば、会社の飲み会でちょっと羽目を外しすぎてたくさんお酒を飲んでしまった記憶がある」とか「いいところを見せようと思ってホンキの歌声を出した」なんて言ったら大抵声枯れの原因はそこにあります。
大声を出しますと、のどが渇いてしまいそれでもなおのどを酷使しますから当日は何ともなかったとしても次の日になったら大変なことになるのです。

深刻に考えるときほどたいしたことは無い

声枯れを起こすと「がんにでもなってしまったのだろうか」と思いますが、案外そうやって深刻に考えるときほど前日の生活に原因が潜んでいたりするものです。
カラオケやお酒をたくさん飲むと言うことをしてしまった以上は、覆水盆に返らずという言葉にあるようにもはや無かったことにすることが出来ません。
とりあえず、のどの調子が元に戻るまではなるべく大きな声を出さずのどを潤し、早め早めに休息をとることをオススメします。

もしも毎朝のように声枯れに悩んでいるようでしたら、生活習慣の改善をお勧めします。
特にお酒によって声がかれてしまう人は、たくさんお酒を飲み過ぎている可能性が十分にあります。
自分の適正量はどれくらいの者なのかをもう一度考え、今後たくさんのお酒を飲み過ぎないような生活を心がけましょう。
声がかれたままですと、話すとき辛いのはもちろん話を聞いている相手も聞きづらいためいい印象を与えないのです。