声が出せないと仕事にならないあなたに気をつけて欲しいこと

日本はアニメ大国と言われます。
皆さんも有名なアニメを今まで何本も見られたことがあるでしょう。
ああしたアニメは、世界中に輸出され多くの人の心をつかみ希望や夢を与えています。
アニメには絵と声優さんが欠かせません。
最近は声優さんがアイドルのように活動されていることも多く、皆さんの中にももしかしたらお好きな声優さんがいらっしゃるかも知れません。

声を職業とする声優にとって怖いこと

声優さんを始め、声が無ければ仕事ができないという人にとって一番怖いのは「声が出ないこと」ではないでしょうか。
時々テレビ番組で声を使って仕事をする方の一日が紹介されています。
こうした番組の中で気づくことは、のどに対してのケアが普通の人よりも遙かに綿密であると言うことです。
のど飴をなめることはもちろん、のどを乾いた状態にしないためにも常に水を飲んでいるという方もいらっしゃいます。
それだけ、声が出なくなってしまうことは怖いことと言うのに気づいているのですね。

のどは使いすぎることを想定していない

ところが、人間の体はのどを使いすぎることを想定していません。
そのため人によりけりですが、のどを使いすぎると「声帯結節」と呼ばれるこぶのようなものができてしまうことがあります。
これができてしまいますと、一気に声がかれてしまい普段の美しい声が出せなくなってしまいます。
治療法は一応あるものの、声を使わないとか発声法を変えるなどかなり仰々しいものばかりです。

仕事で継続的に声を出す人は要注意

普段から仕事で継続的に声を出される方は、声帯結節による声枯れに十分ご注意ください。
声優さんやアナウンサーさんに限らず、例えば学校の先生や市場で競りをしている仲買人の方々、またターミナル駅で列車の到着の案内をされる駅員さんなどは特になりやすいといえるでしょう。
声を出さなければならないことは仕方ありませんが、自分なりにできるのどケアを忘れないでくださいね。

仕事のために声を出すと言うことは大変尊いことです。
声優さんやアナウンサーさんがいなければ、テレビから情報を入手できません。
仲買人さんがいなければ買い物もできないし、駅員さんがいなければ電車に乗り間違えることでしょう。
そうしたお仕事の方の声がなければ世の中は回りません。
のどをきちんと潤すとか、長時間にわたって大きな声を出しすぎないなど声帯結節には十分気をつけていただきたいと思います。